The voice of mission

その時、わがたましいは歌う

サンプル画像

新刊、小冊子「その時、わがたましいは歌う」500円で発売中

「十戒は愛のことば」
−メッセージDVD−

サンプル画像

「十戒は愛のことば」
−メッセージDVD−

クリスチャン成長講座

クリスチャン成長講座

信仰者も求道者も、グループでともに学び合えるテキストです。信仰生活の充実、成長のためにどうぞご活用下さい。

聖地旅行のご案内

講解メッセージDVD

サンプル画像

1コリント人への手紙
2コリント人への手紙
ガラテヤ人への手紙
ビジネス講演DVD等

聖地旅行のご案内

「春の聖地イスラエルの旅」
2015年

機 関 紙

サンプル画像

キリストの大宣教命令は、その全世界に福音を伝えなさいです。 ミッション・宣教の声は、その世界の動きをお知らせします。



ヨーロッパが変わる

「私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。」 Tコリント3:6

                      黒田 禎一郎

キリストの福音宣教の働きには、さまざまなミニストリーがあります。「種蒔き」は地域と土壌に適した方法があるように、みことばの種蒔きも多様です。みことばの種は異文化社会で、地にあった種蒔きの仕方があります。神はミニストリーの多様性の中で、神の愛を宣べ伝えてこられました。幸いなことは、みことばの種はどんな地(異文化社会)でも蒔かれ成長することです。生ける神がみわざを成しておられるからです。

蒔かれた種に水が注がれ、神の大自然の恵みの中で種は発芽し成長します。そしてキリストのおからだである教会が建て上げられます。ここに神の大いなるご計画を見ることができます。福音宣教の働きは国内外を問わず、先ずみことばの種を蒔くことから始まります。種蒔きによってはじめて芽を出すのですから、種が蒔かれなければ成長はありません。ましてや神の教会も生まれることはありません。

混沌とした世界情勢下で、人々は多くの苦しみを経験しています。みことばは、「私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。」(ローマ8・22)と語っています。混迷するヨーロッパ社会では、神を知らない人たちは行き先不明の世界へ向かっています。中東・アフリカ社会においても、人々は同じように苦しみの渦中にあります。今の時代は、まさしくノアの時代のようです。世界は、神の声を聞く人と聞こうとしない人に二分化されています。西側世界が混迷する最大原因は、神のみことばより快楽が楽しみとなっているところにあります。ノアは神の命に従い、黙々と箱舟を造りました。神の時が来た時、救いに与ったのはノアと彼の家族のみでした。

今の時代、私たちに求められているミニストリーは、何でしょうか。それは何と言ってみ、みことばを語り伝えることではありませんか。聖書は「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」(2テモテ4・2)と命じています。私たちは混迷の時代であるからこそ、主のみことばに従順でありたいと願う者です。 

更新情報

  • 2016年8月4日:トップページ 更新 NEW!
  • 2016年8月4日:東欧の教会と信者は今 更新 NEW!
  • 2016年8月4日:世界のニュース 更新 NEW!
  • 2016年8月4日:タプハ 更新 NEW!
ページトップへ

Produced by PLU-S