神を知る幸いな人生

「もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、 あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝となる。」 出エジプト19:5




 新年のごあいさつを申し上げます。
 2021年、いったいどんな年となるでしょうか。私は妻と結婚して47年になりますが、お互いを知るということは、時間を要することであることを学んでいます。人を本当に知るには、4つの段階があると聞いたことがあります。一つ目は情報の段階で、単に聞いて知る浅い段階です。それでも相手について知っていますが、情報を頭で知識的に知っているということです。二つ目は関心の段階で、相手の言ったことや行動が自分の心に入り、少し関心をもって知るという段階です。三つ目は深い配慮を持って知るという段階です。これは、相手のことを思いやる(考える)段階です。そして最後の段階は、その人を深く完全に知る存在になることです。これは相手と完全に一つになる段階で、そこで初めて人の存在を知るということが完成します。

 聖霊は人に臨まれ、世界を動かされます。ザカリヤ、エリザベス、マリアもみな聖霊に包まれ驚きました。聖霊は彼らに臨まれ、驚くべき「わざ」をなされました。神の「わざ」がはじまる時のキーワードは、「聖霊があなたの上に」です。人が聖霊を誘導するのでなく、聖霊が人を誘導し「わざ」を成してくださいます。イエスの誕生は「聖霊が母マリアの上に」に臨まれ始まりました。その聖霊は私たちの上にも臨んでくださいます。イエスは言われました。「わたしが父にお願いすると、父はもう一人の助け主をお与えくださり、その助け主がいつまでも、あなたがたとともにいるようにしてくださいます。」(ヨハネ14・16)。聖霊は「もう一人の助け主」です。母マリアに臨まれた聖霊は、私たちの上にも臨んでくださいます。なんという恵みではありませんか。今年のクリスマス、「もう一人の助け主」が、私たちの上に臨んでくださることを覚えて、神に賛美と礼拝をお捧げしようではありませんか。

 神はご自分を知識的に知るという段階から、ご自分と一つになる段階にまで進むことを願っておられます。 神は冒頭のみことばのように、私たちが御声に聞き従い契約を守るならば、神の宝となると言われました。では、どうすれば私たちは「神を知り、神の宝となる」ことができるでしょうか。基本的なことですが、まず第一に、神の声に聞き従うことです。ディボーション生活を軸とし、みことばに従順に歩むことです。第二に、神との契約を守ることです。私たちは「契約を結ぶ」と言いますが、ヘブル語では「契約を切る」(カーラト)と言います。かつてヘブライ人は契約を結ぶ時、動物の体を切り裂き命がけで契約しました。契約は生と死を分ける大切な約束ですから、だれも破ることはできません。2021年、神との「幸いな契約」に与った私たちは、さらに深く「神を知る幸いな人生」に進もうではありませんか。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。