すばらしい喜びの知らせ
―祝 聖 誕―

“御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。”
ルカ2・10


神の御子イエス・キリストの誕生を心から賛美します。 クリスマスは最も大きな「喜び」です。太陽歴による今年の第一アドベント(待降節)は、12月2日となります。そして第二、第三、第四アドベントと続き、24日に「クリスマス・イヴ」を迎え、翌日はクリスマスとなります。そのクリスマスに向かって、アドベント・リースが作られます。常緑樹で作られた輪の周りに、4本のキャンドルと1本のキャンドルが中央に立てられます。第一アドベントに一本目のキャンドルに点火され、アドベントを迎え るごとに順に点火されていきます。そしてイエス・キリストの誕生を迎えて、中央のキャンドルに火が灯ります。クリスマスは世界中の人たちが待ち望む「喜び」の日です。

 では、なぜそれが「喜び」でしょうか。先ず第一に、イエスは私たちの救い主(メシア)としてお生まれくださったからです。聖書は「神は、このダビデの子孫から、約束に従って、イスラエルに救い主イエスをお送りになりました。」(使徒13・23)と記録しています。神の約束はダビデの子孫からメシアが誕生することでした。マタイの福音書冒頭に書かれているように、確かにイエスはダビデの系図から生まれました。それは選民イスラエルにメシアを送るためでしたが、神は異邦人にも救いの祝福の道を開いてくだ さいました。神の約束は選民と異邦人の両方に祝福が届くことです。ですから、イエスの誕生は全世界の人々への祝福で、大きな喜びです。

  第二に、私たちが「喜び」を持つことができる理由は、イエスは私たちの罪とすべての負債を担ってくださるからです。イエスの誕生の目的は、人類の救いにあります。ですから、イエスをメシアと信じる者は赦しを経験することができます。人類史上このような目的で生まれた人は、天下にだれひとりいません。イエスは今日も、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11・28)と招いてくださっています。しかも、私たちと共に歩んでくださるお方です。イエスの 誕生は全世界の人々にとって「喜び」です。私たちはクリスマスの「喜び」を全世界に宣べ伝えましょう。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。