正しい者は

“正しい者は、なつめ椰子の木のように萌え出で、 レバノンの杉のように育ちます。” 詩篇92・12




 地中海に面した中東の国イスラエルは、神が約束された地です。建国72年を迎えたまだまだ若い国ですが、歴史はアブラハムの時代にまでさかのぼります。建国前は砂漠と荒野でしたが、今では離散ユダヤ人たちが聖書の約束に従い帰還しつつある国です。ところで詩篇92篇は、安息日に神を賛歌した詩歌です。作者は「主に感謝することは、良いことです。いと高き方よ。あなたの御名をほめ歌うことは。」(詩篇92・1)と神に賛美しました。

 さらに詩篇92篇作者は、「正しい者は、なつめ椰子の木のように萌え出で、レバノンの杉のように育ちます。」と賛歌しました。なつめ椰子の樹木は、乾燥にはひときわ強く、荒野の中で樹高15m~25mとなり高く生育します。その実はデーツとして今日にまで親しまれています。またレバノンの杉は高地に生育し樹高は30m以上にもなり、まっすぐ成育します。材質はたいへん硬く、かつ腐りにくいのが特徴で古くから船材やマストに最適でした。さらにすばらしいのは、この木が放つ香りです。香柏と呼ばれ古代の神殿の内装材料として、これに勝るものはありませんでした。ソロモン王はレバノン杉を神殿で用いるため、1ケ月交替で1万人を送ったと言われます。彼は神殿の内側の壁から床、そして天井に至るまでその香柏の板で貼りめぐらしました。この2本の樹木に共通していることは、常緑樹で年中その美しさを誇っていることです。それは「正しい者」の姿です。

 「正しい者」は、荒野でもその姿を見られています。キリストに従う者も、同じように人の目に入ります。職場で、学校で、共同体でひときわ目立つ存在です。キリストに従う者は、ひたすら上に向かって伸びるものです。この2本の樹木はただ上に伸びるように、キリストに従う者も樹根から栄養分をたっぷり吸収し、上に向かって生育していきます。硬いレバノンの杉は、強風や豪雪に見舞われても強く、倒れることはありません。独語ルター訳聖書は「正しい者は、なつめ椰子の木にように、そしてレバノンの杉のように緑化する」と訳しています。緑化するとは、なんと幸いなことでしょうか。そこには、希望があります。私たちも、なつめ椰子の木やレバノンの杉のように、神に向かい成長させていただこうではありませんか。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。