みことばにどう反応しますか

「この人は、ヨセフの子ではないか」と彼らは言った。
ルカ4・22


 クリスチャンではないのに、クリスチャン以上にキリスト教に詳しい方がいました(今もいます)。聖書の歴史(ユダヤ史)、文化、イエスの言動、奇跡、説教など、大変詳しいのです。しかし、イエス・キリストを信じておられません。そして、それで世を去っていかれました。彼は神に対するかたくなな自分の型を持ち、最後までその型を捨てられず、信じることができませんでした。
 自分の作った型の中に、神様をはめ込むことはできません。自分の考えの型を壊すとき、無から有を造られた神を信じることができます。神を信じると言いつつも、自分の型を大切にする人がいます。そもそも人間は、創造神によって造られた存在です。被造物が創造主である神を、自分の型にはめ込むこと自体無理があります。私たちはそのような型によって、神を、聖書を、読んではいないでしょうか。イエス・キリストの郷里の人々は、自分たちが知っている青年(イエス)がメシアなのかと疑いました。ナザレ村の人々にとって、イエスは大工ヨセフの息子でした。偏見と高慢は、霊的成長を妨げる障害物となります。先入観によって、彼らはいのちのメッセージを受け入れることができませんでした。
 では、自分の型を壊すためには、どうすればよいでしょうか。先ず神に対し心を開くことです。自分が固守しているものを、思い切って捨てることです。しかし、それは難しいことです。それほど自分の型は強固なものであるからです。イエスは「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。」(ルカ18・16)と言われました。幼子、無垢な心、それは大人が失ったものです。そして自分の型で、自分を固めてしまっています。ここに、みことばが入らない事実があります。
 私たちは、聖書のみことばにどのように反応するかによって、信仰が成長するかどうかが決まります。神の前に心を静め、みことばを聴くことです。サムエルのように「主よ。お話しください。しもべは聞いております。」(1サムエル3・9)という姿勢を持つことです。そのような選択(反応)をするとき、神が注いでくださるのが「恵み」です。クリスチャン生活は、「恵み」にとどまり、「恵み」の内を歩むものです。そこには真の励ましと慰めがあるのです。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。