イエスの誕生に、何が見えますか?

「あなたがたは、布にくるまって 飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
ルカ2・12(新改訳聖書第3版)


イエス・キリストの誕生を心から賛美します。
 イエス・キリストの誕生はベツレヘムでした。
なぜ、イエスはベツレヘムでお生まれになられたのでしょうか。私は三つの理由をあげます。

 まず第一に、ベツレヘムは羊飼いが羊を飼う所でした。誕生の知らせが一番最初に届いたのは羊飼いでした。当時の羊飼いの立場はみじめで、自分の家を持たない最下層の人たちでした。彼らは教育も受けられず、社会的に人権も認められず、裁判で証人になる資格もありませんでした。彼らは屋外で羊を飼っていたので、野宿はふつうでした。門口で夜番をし野獣が羊を襲うことがあれば、羊飼いは羊を守るため、勇敢に立ち向かい戦いました。それが当時の「羊飼い」でした。すなわちユダヤ社会の枠から、外れた人たちでした。まず、彼らにイエス誕生の知らせが届きました。

 第二に、ベツレヘムは旧約預言の言葉が成就する地でした。みことばは、「ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。」(ミカ5・2 新改訳聖書第3版)と預言しました。この言葉はイエスの誕生前、約700年に語られました。メシアはベツレヘムから出る、それはメシアの「信憑性」にかかわることです。聖書預言が正しいか否か、重要なポイントです。メシアはベツレヘムから出る。これが聖書の約束です。ですから、メシアはベツレヘムで生まれなければなりませんでした。

 第三に、ベツレヘムは、エルサレム神殿に犠牲の動物を飼う地でした。  ベツレヘムはエルサレムに非常に近く好都合の土地です。神殿にささげる動物は、神にお捧げする「無傷」、「完全」なものが要求されました(レビ記1・3,4他参照)。当時、富者たちはエルサレム近郊のベツレヘムで、神殿用の犠牲の羊を飼っていました。羊飼いは、その富者たちの雇い人でした。  メシア誕生の喜びの第一の知らせは、このようにベツレヘムの地位の低い羊飼いたちに伝えられました。なんという信じられないことではありませんか。それが世界で初めてのクリスマスでした。聖書は「これが、あなたがたのためのしるしです。」と宣言しています。私たちもメシアであるイエスの誕生を喜び、礼拝と讃美をお捧げしようではありませんか。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。