弱いときにこそ、強い人
—弱さは主からの恵み-

“キリストの力が私をおおうために、 むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。”
Ⅱコリント12・9


  パウロは誇ることのできる根拠がありましたが、自分の弱さを大いに喜んで誇ると言いました。しかし、パウロがそのような信仰に至るには、信仰の戦いがありました。彼は「弱さ」を自分から取り去ってくださるように、3度も主に願い求めました。主はその彼に「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われました。神はあえて私たちに弱さを与えられますが、そこには神の尊い目的があります。
 「弱さ」には少なくとも三つの意味があります。まず第一に、私たちに限界があることを教えてくれます。普通、物事がうまくいくときは、自分は何でもできるような気になり高慢になります。パウロはそのことを経験しました。私たちも苦難にぶつかり、計画どおりに進まないことを学び、謙遜になります。限界、不可能を経験し、はじめて限りある存在であることを悟らされるのです。すなわち、弱さを知って初めて私たちは自分の姿が見えるのです。弱さ事態は喜ばしいものではありませんが、それによって自分が見える人は幸いです。
 第二に、私たちを神の前に導いてくれます。身体的な弱さは、私たちを神に頼るようにさせてくれます。弱さを体験し神に出会い、自力では解決できないことを習得するのです。こんな話を聞いたことがあります。田舎で火事が起こると、牛舎にいる牛を引っ張り出すのが大変だそうです、牛が頑として動かないからです。いくら力がある人が引っ張っても無駄だそうです。しかし、びくともしない牛を外にいち早く出す方法が一つだけあります。それは牛のエサ箱を取り上げることです。そうすれば、牛は「もうここには希望がない。もう食べるものはない。」と考えるのか、自分の足で外に出るそうです。神は時として、エサ箱をひっくり返されることがあります。
 苦難は主からの恵みです。苦しみがなければ、神に出会うことができず、神を捜し求めない人もいます。苦しみを通して、人は神の前にひざまずき謙遜になり、自分の姿を正直に認めるのです。主の御前に導かれる人は、謙遜にさせられるものです。
 そして第三に、弱さは私たちを強くさせる神の御手です。人間的弱さを持っていても、じつはその人は真に強い人です。なぜなら、神が許される弱さは自分に必要であり、主の恵みはそれで十分であるからです。そして主により頼む信仰を学ぶ道です。弱さは苦しみや不幸ではなく、私たちを整えてくださる神の御手です。弱さは主からの恵みです。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。