The voice of mission

その時、わがたましいは歌う

サンプル画像

新刊、小冊子「その時、わがたましいは歌う」500円で発売中

「十戒は愛のことば」
−メッセージDVD−

サンプル画像

「十戒は愛のことば」
−メッセージDVD−

クリスチャン成長講座

クリスチャン成長講座

信仰者も求道者も、グループでともに学び合えるテキストです。信仰生活の充実、成長のためにどうぞご活用下さい。

聖地旅行のご案内

講解メッセージDVD

サンプル画像

1コリント人への手紙
2コリント人への手紙
ガラテヤ人への手紙
ビジネス講演DVD等

聖地旅行のご案内

「春の聖地イスラエルの旅」
2015年

機 関 紙

サンプル画像

キリストの大宣教命令は、その全世界に福音を伝えなさいです。 ミッション・宣教の声は、その世界の動きをお知らせします。


苦しみをともにしてください

                      黒田 禎一郎

「キリスト・イエスのりっぱな兵士として、私と苦しみをともにしてください。」2テモテ2:3

キリスト信仰のために迫害を受けているキリスト者は、世界で少なくても1億人はいると言われます。これは国際宣教団体「オープン・ドアーズ」の発表で、迫害が激しい国50カ国が挙げられています。迫害度が高い国は、おもに赤道上下に位置する東南アジア、アフリカ諸国です。迫害度上位10カ国とは、北朝鮮、イラク、エリトリア、アフガニスタン、シリア、パキスタン、ソマリア、スーダン、イラン、リビアの順です。

これらの国々は、独裁国家とイスラム国家です。歴史を読むならば、「光」と「やみ」との戦いが続いてきました。聖書は 「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」(ヨハネ1・5)と宣言しています。どれほどやみの力が強くても、光に勝利することはできません。世界では多くの聖徒が、信仰のゆえに苦しんでいます。パウロはテモテに、「苦しみをともにしてください」と書き送りました。信仰と迫害は相並んでいるようです。では、私たちは何ができるでしょうか。

まず第一に、祈りです。戦いの渦中にある聖徒のために、とりなしの祈りができます。次に、聖徒たちの必要を覚え支援することができます。2016年だけで、アフガニスタンからドイツへ逃れ、難民申請した人は約13万人です。アフガニスタンの経済状態は壊滅に近く、経済難民は続出しています。宣教団体「シェルター・ナウ」は9年前から、サフラン栽培推進支援プロジェクト「サフラン・プロジェクト」を行なっています。収穫されたサフランは高価に売買され、彼らにとって貴重な収入源です。イエスは「あなたがたがキリストの弟子だからというので、あなたがたに水一杯でも飲ませてくれる人は、決して報いを失うことはありません。」(マルコ9:41)と言われました。いかがでしょうか。あなたには、どんな働きがあるでしょうか。

極寒の地シベリアの強制収容所に入れらた聖徒の一人であるJ、エソウ世界巡回伝道師 は、次のような証をしてくれました。広い収容所に数千人もの囚人が入れられていた時代、クリスチャンはどこにいるかも不明な時代でした。一冊の聖書も讃美歌集もない時代でした。過酷な労働と空腹の極限に置かれた時に、主イエス・キリストが現れてくださいました。心に蓄えられたみことばが浮上し、口からは賛美の声が出てきました。そして勇気、励まし、力が与えられたのです。イエス・キリストは死んで三日目によみがえられたメシアです。今年のイースター、私たちはイエスを主として拝することができる幸いを賛美しようではありませんか。

更新情報

  • 2017年5月8日:トップページ 更新 NEW!
  • 2017年5月8日:東欧の教会と信者は今 更新 NEW!
  • 2017年5月8日:世界のニュース 更新 NEW!
  • 2017年5月8日:タプハ 更新 NEW!
ページトップへ

Produced by PLU-S