霊性は日常の歩みで

「わたしは、モーセとともにいたように、あなたとともにいよう。 わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」
ヨシュア1・5,6





  霊的な人とは、どんな人のことでしょうか。預言や異言を語る人のことでしょうか。その人はすばらしい賜物が与えられ人です。聖書は、「兄弟たち、私は神のあわれみによって、あなたがたに勧めます。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい」(ローマ12:1)と、述べています。私たちの霊性は日常生活で、生きたささげ物として歩むなかで練られていくものです。それが日常生活を通して、現れていくものです。

 ヨセフは奴隷として売られましたが、絶望の淵から新しい歩みへと霊性が練られていきました。無実の罪で投獄され、閉ざされた状況で、開かれた天を見上げ、囚人たちとの歩みを経て霊性が練られていきました。度重なる苦難の歩みこそが、生きた供え物として捧げられた土台でした。ダビデは羊を飼っていた時も、ゴリヤテの前に立った時も、バテシェバとの間に生まれた最初の子が死んだ時も、日常の生活の中で起こりました。その人にとって、事の大小や損得でなく、神が置かれた日常生活に正直に没頭する時に霊性が練られていくのです。

 南アフリカのマンデラ元大統領は、牢獄で27年間も過ごしましたが、牢獄は彼を破壊できませんでした。これは、かつてシベリヤの強制労働収容所に送られた聖徒たちも証言する事実です。人生で最も偉大な栄光は、一度も失敗しないことではなく、失敗するたびに再び立ち上がるところにあります。悲痛や苦難の日々が、人の霊性を練り上げていくのです。そして美しい波紋を起こします。

 私たちが置かれた日常生活は、神が与えてくださった驚くべき霊性が練られる現場です。その日常生活を逃れてどこかへ行ったとしても、神から逃れることはできないと知っているならば、今ここにある現場こそが最高の霊性訓練の場であることに気づかされます。私たちの一挙一投足が神の目に入っています。日々の人生のすべての瞬間が、私の霊性が練られるための最高の瞬間です。

 ですから、日常の生活に押しつぶされるのでなく、置かれた日常生活に没頭(忠実・従順)する歩みが大切です。日常生活の霊性が練り出す美しさ、そこから放たれる香りが神の国の証しとなります。主は日々の歩みの中で、「わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。強くあれ、雄々しくあれ」と、語っておられます。今、私たちに何が求められているでしょうか。


海外宣教

私たちは欧州・中東の諸教会とクリスチャンへの支援、および海外在住邦人宣教を行っています。私たちは国内宣教として、次の働きをしています。

DVD書籍

「十戒は愛のことば」メッセージ、コリント人への第一の手紙、ガラテヤ人への手紙、「ビジネス成功の秘訣は聖書にあった!」LなどメッセージDVDや主の祈り、世界の日時計は今、神のマスタープランの行くへ、書籍………

「春の聖地イスラエルの旅」

私たちの聖地旅行の特徴は、心を静めて歩く「ゆったり旅」にあります。静かなガリラヤ湖畔で3泊し、ゆっくり静思の時を持ちます。そして、聖書の視点からイスラエルを学びます。朝のデボーションから始まり、野外礼拝でも神を賛美する楽しい旅です。皆様のご参加を歓迎します。

The Voice of Mission

私たちは、聖書を土台するプロテスタントのキリスト教宣教団体です。「ミッション・宣教の声」は1981年12月、宣教師であった黒田禎一郎牧師によって設立されました。激しく移り変わる世界情勢(東西欧州、米国、アジア、中東等)を聖書的視点からとらえ、情報を提供しています。とくに迫害下にあるキリスト教会と聖徒、海外在住邦人宣教に重荷を持っています。
月刊誌「宣教の声」は毎月、新鮮な情報を提供しています。また黒田禎一郎の著書や訳本等を通し、海外宣教活動を推進しています。